地域を明るくするような街並みをつくってほしい!

比嘉 憲康様

比嘉 憲康様

ジョイントに期待すること

今市内で大山小学校の過密校問題や、少年犯罪の事など、すぐに手をつけていかなければいけない問題が山積みしています。特に少年犯罪を抑制するためには、 現在PTAや警察を中心とした夜間パトロールだけでは根本から改善できないと思っています。 問題は社会構造の変化によるコミュニティーの崩壊が原因だとい う気がしてなりません。住宅地域の広域化で本物の共同体集落を再生させることが大事なことになるのではないでしょうか。」と言う。この様な視点に立つ比嘉さんは、(株)ジョイントに事業を委託する際にも、将来長期に渡っての街づくりの視点がはずせなかったと言う。特に宇地泊のような開発地では、秩序ある商業地と住宅地の融合が大切だったと考えている。

「今後ジョイントさんには、店舗の誘致では地域の安全や利便性に貢献できるような施設を、又住宅においては、良好なコミュニティを形成し、地域を明るくするような街並みをつくってほしいですね。」積年の夢であった宇地泊の開発が進み、大謝名三叉路が四差路となって宜野湾市の中心となり、明るいコミュニティーが出来ることを待ち望んでいる。

TOP